にきび跡のクレーターが残った時には慌てずにコレ!

ホーム / 。美容品。  / にきび跡のクレーターが残った時には慌てずにコレ!

クレーターになったにきび跡があると、自分の顔をチェックするたびに気になってしまいます。角質層を越えて、真皮層まで到達したにきびの影響がクレーターになると、自宅でのスキンケアでは回復が困難です。

にきび跡のケアで重要なことは、気長にコツコツと、さぼらずに継続することです。にきび跡がクレーター化するのは、角質層より深い真皮層まで、炎症ダメージが及ぶためです。

皮膚は、表層と、真皮層では回復のサイクルが異なっています。肌の表面は比較的早く回復しますが、真皮層は回復力が早くないため、クレーターになったものが残ってしまいます。

にきび跡のクレーターを目立たなくするためには、ビタミンC誘導体を配合した化粧品が有効です。真皮層の代謝を促進するために必要なコラーゲンは、ビタミンCによってつくられやすくなります。

従来のビタミンCは、化粧品に添加しづらく、皮膚に塗り込んでも浸透しにくいことから、ビタミンC誘導体が製造されるようになりました。

ビタミンCを直接体内に取り入れることは難しいため、まずはビタミンC誘導体を体内に送り込み、酵素の作用でビタミンCにします。

少しずつビタミンC誘導体を皮膚につけてみて、乾燥などのトラブルが起きないように確認することが大事です。自宅でのケアでにきび跡を全く目立たなくすることは困難ですので、過度な期待はしないようにしながら取り組みましょう。

思うように改善しないという時は、皮膚科のレーザーを用いたにきび跡のケアも効果があります。